2007年02月04日

だまこもち (だまこ餅)の歴史・由来

レシピブログ

だまこもち (だまこ餅)の歴史・由来
秋田三昧2.jpg
<<だまこもち (だまこ餅)の歴史>>
「だまこもち」は,ご飯を丸めた「だまこもち」
を入れた鍋料理である。秋田の郷土料理の代表格
である「きりたんぽ鍋」と同じく,秋田の古くか
らの猟師「マタギ」の料理にその起源を持つと
考えられる。また,山に入った木こりが伐った
根の上にご飯をのせ,斧(おの)の背 でつぶし,
丸めて煮たのが起源という説もある。そのために
「やまもち」の別名もある。「だまこもち」の
材料は「きりたんぽ鍋」と同じである。ただ,
ご飯を半ばすりつぶした後の形が異なる。
「きりたんぽ」と違って,「だまこ」は団子で
ある。そして焼かない。新米の季節に,つくら
れることが多い。ほぼ秋田県で全域食べられ
ている。
★秋田県北部の農村では、各家庭でかぁさん
(おかぁさん)おばぁ(おばぁちゃん)がすり鉢
で炊た自家製の『あきたこまち』を半ばすり
つぶし丸めて自家製『だまこもち』を作り
『きりたんぽ鍋』と同じ要領で『だまこ鍋』
にして日常的な家庭料理として気軽に食され
いる。近年は、お土産用の『きりたんぽ鍋
セット』などにも『だまこもち』が入ってる
場合もある。秋田のスーパー・産直売店等で
『だまこもち』は、手軽に購入出来ます♪
**秋田県北部の農村では、方言で母を『かぁさん』
祖母を『おばぁ』『ばぁさま』と呼びます。**

◆昭和36年に三笠宮が五城目町に立ち寄られた
折り,「だまこもち」を賞味され,大変な
お褒めの言葉を戴いた。それから,五城目町
の名物料理として人気をあつめている。

<<だまこもちの由来>>
「だまこ」とは,女の子が遊ぶ,布製の小さな袋
に小豆を入れたお手玉のことである。「だま」
には丸いとか丸めると言った意味もあり,秋田
の方言で「こ」がついて「だまこ」となったと
の説もある。なお,秋田では,語尾に「こ」が
付くことが多い。ビールも「ビールっこ」,
子供は「わらしっこ」とか「こっこ」となる。

<<参照サイト>>
秋田の食

<<きりたんぽ・だまこ鍋の関連記事>>
秋田三昧
きりたんぽの歴史・由来
簡単♪きりたんぽ・だまこ鍋 レシピ

***コメントのお返事について***
インフォメーション(→右バー)
をご覧下さいませ_(._.)_

人気ブログ検索 - ブログフリーク にほんブログ村 料理ブログへ
↑このブログを応援して下さい!!

<<お手軽なきりたんぽ・だまこ鍋>>

秋田の味 きりたんぽ・
だまこ鍋レンジでけ(食)ぇ〜



ネットで買えば断然お得!
お買い物なら楽天市場
posted by 女将 at 21:41 | TrackBack(0) | 和食 1
この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。